弁護士という職業は

弁護士という職業は、多くの方がご存知の職業と言えます。


テレビや新聞などといった様々な場面で、弁護士という職業名を目や耳にする機会が多いからです。

今回は、弁護士とはどのような職業なのかを、簡単に説明させていただきます。弁護士の仕事は、携わる内容によって行うことが変わってきます。

例えば民事に関わる訴訟の場合は、原告や被告の代理を行います。

民事再生などが代表的なものですが、民事再生の申請などの手続きなどを行います。また、手続きだけではなく、法律に関して困っている方などの相談も受けています。次に、刑事訴訟の場合では、被告人の弁護人を行います。

被告人の無罪を主張して、検察官と争うことになります。

大きく分けて、弁護士の仕事は、民事と刑事の二つに関わる仕事に分類することができます。


その中でも、事務的な仕事や法務的な仕事もあります。

民事のみに携わる方もいれば、民事と刑事両方に携わる方もいます。

共通して言えることとは、民事にしろ刑事にしろ、法律に詳しくなくては行うことができない業務であるということです。
弁護士は誰もがなることができる職業ではなく、国家資格を取得することが必要となります。

法律についてしっかりと学び、必要な国家資格を取得しなければなれない職業であるため、弁護士を目指している方は、しっかりと必要な知識を身につけなければなりません。

なお、国家資格であることから、取得の難易度は非常に高いと言えます。


https://www.kyotoben.or.jp/
http://www.bengoc.tv/
http://www.ibaben.or.jp/