注文住宅のための土地選び

###Site Name###

注文住宅は自由に設計できる魅力がありますが土地が無ければ建てられませんので、建物のプランを考える前に土地を探す必要があります。

土地には法律との関係が出てくるため、土地が決まらなければ設計プランも決まらないのが基本ですから、注文住宅を計画する中でも最も重要な部分になります。


同じ大きさの土地でも建ぺい率が違うと建てられる建物の大きさが変わりますので、希望するプランが実現できるかどうかは土地の大きさや法律により変わります。土地選びでは様々な条件により選択しますが、基本は利便性が高く資産価値の高いものほど快適な環境が作れます。立地条件や土地形状、道路との関係や法律の基準も関わってきます。

最低限の基準としては住宅敷地が道路に2m以上接している必要がありますが、この基準が満たされない場合には新築することができないため、土地価格が安いからと言って安易に契約するのは危険だと言えます。



特に法律に関しては設計できるプランに制限が出てくるため、必ず確認が必要だと言えます。



注文住宅用に考えると更地を購入するのが基本ですが、中には建物がある場合もあります。

建物があると法律に適合していると考えてしまいますが、既存不適格建築物の場合もありますので注意が必要です。

法律の状況によっては希望通りの面積は確保できませんし、防火指定があると木造では困難な場合もあります。



販売側に説明を求めれば内容は分かりますが、自分でも情報を入手することが大切です。